住宅ローンの審査

住宅ローンの審査ガイド

住宅ローンの用途

住宅ローンの審査というのはローンを組みたい人に対してだけでなく、中古の購入物件や新築物件なども含まれています。
住宅ローンの審査を受けられるのは、市街化区域に建設された戸建てまたはマンションと決まっています。
それ以外の区域に建っている物件はローン審査が通らないワケではなく、住宅ローンの適用ができないということです。

 

市街化区域以外の区域と言うのは、市街化調整区域という呼び方がされます。
山林地帯や農地が市街化調整区域に当てはまり、この区域に家の建設はできません。
そして建築基準法などを違反している物件は、もちろん住宅ローン審査に通らないことになります。
建築基準法に関しては、建ぺい率や空き地確保のような事項に関して詳細に決められています。

 

完全に理解することはなかなか難しいですから、専門家の意見を伺うと良いでしょう。
住宅ローンの対象としては中古物件も該当しますが、一概に審査基準は言えず取り扱う金融機関により様々です。
新築か中古かによって金額・返済期間・金利などの異なる部分が出てくるケースがあります。
中古物件ということでベストと思っている金額で審査が通らない場合もあり得ますので、前もって調査するべきです。

 

たくさんの金融機関で住宅ローンを提供されていますが、住宅ローン融資に関する定義は異なりますからいろいろ調べてみましょう。
申し込まなくても審査をクリアできそうか判断できることもあります。
店舗に使う新築物件・競売物件・土地のみの購入資金の融資、また借地権の設定されている土地に建つ物件・リフォーム物件というのは審査が通らないケースもあります。

借り換えは早くした方が絶対に得

借り換えをするのには二つの方法があります。一つは現在借り入れがある会社に相談して、その会社に他社の借り入れをまとめること。もう一つはおまとめローン商品を取り扱っている会社に新たに申込むこと。

どちらも申込みが必要ですが、無駄な支払いを続けるくらいなら、早く申込みをしましょう。申込みには勇気が要りますが、申し込んでみると意外と親切に対応してくれて、「もっと早く申し込めば良かった」と思うことがほとんどです。

金融機関も真面目に返済を続けていて、ちゃんと収入がある人ならちゃんと借換えに応じてくれます。月々の返済額や利息とのバランスなど、決めなければいけない事はありますが、昨今の金融機関はそういった面もちゃんと対応してくれるので、怖がらずに相談してみましょう。

時間が経てば経つほど利息が付いたり、返済日が迫って苦しくなるばかりです。ちょっとの勇気が人生を立て直すきっかけになりますから頑張ってみましょう。

支払いをクレジットカードにするのもお得

ローンの支払いをクレジットカードで支払える場合があるって知っていますか?会社によって取扱いは違いますが、カードでの支払いがOKな会社もあるのでチェックしてみましょう。 クレジットカードで支払いをすると多くの場合、ポイントやマイルなどの還元があります。年会費無料のものでも0.5%〜1%程度の下限があるので、ずっと支払いをすると考えたら相当お得になります。金利が1%下がるのと同じ効果があるとすれば断然そちらが良いですよね。 そんなクレジットカードを比較検討するなら比較サイトがおすすめです。年会費やポイント還元率でお得度をランキングで紹介しています。

浄水器・ウォーターサーバー部品専門店サンスイ

ホーム RSS購読 サイトマップ