住宅ローンの審査

審査が通らない

審査が通らない

住宅ローンの審査が通らない理由は、返済能力に不足があると捉えられたからです。
考慮される基準としては勤務状況が存在します。

 

勤務状況は、勤続年数、勤務先の大小、それから経営状態などがチェックされます。
勤続年数は3年が経過していないと、住宅ローンの審査が通らない場合が一般的のようです。
ただ、最近の雇用状況を踏まえて、別の審査基準には達しているという場合であれば基準を緩めてくれる金融機関もあるようです。
勤続年数が足りないせいで住宅ローン審査を通らないことが予想されるのであれば、外資系の金融機関を検討してみる手段が挙げられます。

 

転職についての見方が日本の一般企業とは別だからです。
日本企業は一箇所で長く勤めることで信頼度を高めることができますが、外資系の企業のケースでは転職イコールキャリアアップと判断されるのです。
自分の勤務状況を考えて、これらのうちどこの金融機関が好ましいのか検討しましょう。
職種や働いている企業の判断基準は透明性があります。
社会的に信頼が置かれている弁護士がトップで、その次に医師・公務員・会社員という順で審査が通りやすいと言われています。

 

会社員の中でも、ついている責任や社内での地位も加味され審査結果が異なります。
一定の収入を継続的に得られると捉えられにくい自営業者は、住宅ローンが通らない状況も度々あるようです。
さらに、勤務先の規模についても押さえておくべき判断基準です。
安定している企業であると判断される上場企業や、上場企業でなくとも知名度の高い企業なら審査基準に合格可能です。
中小企業で仕事をしているのであれば、安定した企業との認定がされることが求められます。
勤務している会社の資料を集めることが条件に盛り込まれることがあります。

FXを始めようと思っている方、独学で知識をつけるより、FX会社のセミナーに行ってみてはいかがですか?

カネツ証券の初心者向けのFXセミナーは何度でも無料なので基礎を理解するまで受講することができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ