返済比率や返済負担率

返済比率や返済負担率

返済比率や返済負担率

住宅ローン審査で重要な基準の中に、返済比率や返済負担率を挙げることができます。
意味としてはどちらも一緒で、住宅ローンの年間返済額が年間収入の中で何パーセントを占めるかについて算出したものとなります。

 

返済負担率の上限は30%とされていて、35%を超えてしまうと返済条件がクリアできず審査に通らない場合が増えてしまいます。
要注意となるのは、異なるローンの返済額についても、一緒に計算されるということです。
納得できない人もいるでしょうが、利用経験はなくとも、キャッシュカードのキャッシング枠も合算される部分があるという事実があるのです。

 

用意されたキャッシング枠の中で5%がローンと判断されますから、使っていないカードがある場合には契約をやめるような対策を講じるべきでしょう。
返済負担率で住宅ローンの審査が通らない気がするときには、対策を2種類挙げることができます。
年間の返済額を減少させることと、年収を増やす方法です。
1つ目の年間の返済金額を少なくするのには3通りの方法が挙げられます。

 

頭金を増額させる、返済期間を長くすること、異なる返済方式にすることです。
頭金を高額にして借り入れ金額を小さくするという方法が安定感がある方法でしょう。
返済期間を増やすことで毎年の返済金額を減少させるというのは、全部の支払い額が高額になるという難点があります。

 

元金均等返済方式と元利均等返済方式を照合すると、後者の方が最初の10年の返済負担率を軽減することができます。
年収額を大きくし返済負担率を減らすためには、配偶者などが得ている収入をトータルに入れる選択肢があります。

 

収入合算と呼んだり、夫婦合算とも言われる方法です。
返済負担率が仇となり審査が通らないのは、長期間返済していくのに信用が得られないと言うことです。
基準に沿うということに対して疑念を抱いている人は、さまざまなケースを想定してみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ