団体信用生命保険

団体信用生命保険

団体信用生命保険

身体の健康状態に問題ありの判定がされると、住宅ローン審査を申請しても通らない形になります。
返済を長期間に渡り継続していける体の調子かどうかを判定されます。
住宅ローンを申し込む際には、団体信用生命保険をかけることが要求されます。
団体信用生命保険をかけていなくとも住宅ローンを実行できる金融機関もありますが、ごく稀です。

 

団体信用生命保険とは、住宅ローンを返済途中で契約を締結した本人が高度障害や亡くなるなどの状態になったときに残りのローンがなくなるものです。
全額の返済を当人に代わって行いますので、ローン残高が問題になることはなくなります。
住宅ローンの融資を行う金融機関としても、支払いがされなくなる心配がないため安全であるというわけです。

 

団体信用生命保険で必要になる加入条件について考えましょう。
ひとつに、過去3年以内の手術や2週間以上に渡り医師から治療や投薬を受けたことがある場合や、障害の有無などの判断基準があります。
さらには、これまでの3ヶ月以内に医師の治療や投薬があったかどうかについて、それも判断に組み込まれます。

 

このような状況では団体信用生命保険を契約することができず、そのまま審査に通らないこともあります。
でも、高齢者が住宅ローンを申し込む場合も多いので、近年は病気保障付きの住宅ローンも登場しています。

 

団体信用生命保険に入ることが不可能となり住宅ローンの審査に通らない形になっても別の手段を考えることによって問題を克服できるかもしれません。
または、連帯保証人が見つかれば審査が通る場合もあります。
住宅ローン審査基準を低く設定している金融機関も見つかりますので、諦めずに探してみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ