担保

担保

担保

住宅ローン審査は基本的に担保を用意する必要があります。
住宅ローンの担保は融資を行うタイミングで、該当する物件に抵当権が設けられることによって手続きが終わります。
抵当権ががつく物件は、住宅ローンの返済を全うできなかった場合にローンと相殺されることになります。
このことから、担保物件の評価が低いのに対し借り入れ希望金額が多い時には、住宅ローン審査に通らないと考えて良いでしょう。
担保物件に価値があまりなければ、ローンの支払いが滞ったときに担保不足になり、融資を行った金融機関が損失を受けるからです。
このことに関し、新築物件の購入を望んで住宅ローンを申し込む際には、大して関係がないと言えるかもしれません。
厄介なのは、中古物件を購入する目的での住宅ローン審査基準です。
買いたいのが担保の評価が低い中古物件で、担保が満ち足りていないのであれば、審査が通らなくなってしまいます。
戸建の中古物件は低い評価を受けることになりますが、マンションの方が下落率はさらに高くなります。
戸建であれば土地の価格を含められますから、あまり評価額は変わらないことになります。
金融機関で実施する住宅ローン審査だと、中古物件の新規申し込みに対してきつい基準となっています。
けれども、借り換えの際はまた違って、新規の申し込みと照らし合わせて審査基準が非常に甘くなります。
中古物件というのは物件の査定が重要視されますので、希望した借り入れ額と査定額の釣り合いで審査が通らないことが珍しくありません。
査定額の方が希望する借り入れ額を大幅に下回る状態になれば、減額するよう促されるかもしれません。
住宅ローンの借り換えに着手するなら、高い割合の自己資金を用意すると審査をパスしやすくなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ