融資金額の上限

融資金額の上限

融資金額の上限

住宅ローンでは、望んだ金額で審査が通らない場合が多いようです。
金融機関によって融資金額の上限を定めていますが、大抵5000万円までであるようです。
この融資金額を上回る金額を借りたいときには、自己資金が多いということが要件になります。

 

多くの場合は、物件の評価額を考慮して融資してもらえる上限額が定まります。
割合的に物件評価額の8割が融資を受けられる金額と考えておくと良いでしょう。
つまり、頭金で残り2割を満たせない場合は、住宅ローン審査に通らないかもしれないということです。

 

近頃は自己資金に乏しい借り入れの申込者に関しても、評価額いっぱいで融資を行ってくれる金融機関も挙げられます。
しかし、頭金は思っている以上に利便性が高いのです。
多くの頭金はそれだけ借り入れ金額を少なくできるメリットがありますが、期間が経過するとありがたみが分かります。

 

詳しくは物件を売りに出すケースや、住宅ローンの借り換えをしたいときなどに、頭金が効果をもたらします。
借り入れを受けたばかりの頃は売却や借り入れは無縁と感じていても、トラブルが発生しない確率はゼロではありません。
売ったり借り換えを行う場合に、頭金が少ない場合には担保額がローンの残債に満たなくなってしまうリスクがあります。

 

その場合には、借り換え審査に通らない結論が出されますし、物件を売却処分してもローンの残額を自己資金で返済しなくてはなりません。
こうした理由があることから、どれほど住宅ローンには頭金が影響しているかが理解できます。

 

頭金は、多ければ多いほどローンの返済もしやすいですし、その後の変更でも問題が少なく安心です。
住宅ローンを長期固定金利の形で受けたいということであれば、自己資金を最大限蓄えておきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ