審査と職業

審査と職業

審査と職業

長いあいだ住宅ローンは返済を続ける必要があるので、安定感のある職種の方が有利になります。
住宅ローンの審査において職業については重要な基準となります。
審査に通らない職業も決まっていますので、あらかじめチェックしておくのが良いでしょう。

 

審査をクリアできる職業などは、個別の金融機関で設定されています。
どういった金融機関であっても、不安定さのない年収が見込めることが条件とされるのは言うまでもありません。
そうは言っても、派遣社員や契約社員であれば、審査対象に含まれていることがよく見受けられます。

 

さらに、パートやアルバイトで収入を得ている人、また無職であれば、住宅ローンの審査に通らないことになります。
自営業であっても審査に通らないケースが多々あるようです。
サラリーマンといった給与所得者と見比べて、長い期間ずっと安定収入があるかという点でネガティブに捉えられるのです。

 

住宅ローンの申し込みを自営業者がする場合には、過去3年分の確定申告書と納税証明書を用意しなくてはいけません。
安定した収入があることを見せるために必須なので、申し込みは経営状態が良いときを見計らいましょう。

 

住宅ローン審査に通らないのが普通と見られている仕事をしていたとしても、良い方法を模索することで承認を得られる望みが広がります。
前もって貯金額を増やすことや、頭金の割合を増やしておくことは一般的な対策です。
さらに、審査前に払い終えることの可能なローンについては、完済してローン残高を可能な限り減らしましょう。

 

またクレジットカードも必要ないものは解約し、キャッシング枠を減らすようにするのも良いでしょう。
職業についての条件などがあまり有利でないとしても断念せず、有効な対策を考えておきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ