住宅ローンが通らない原因

住宅ローンが通らない原因

住宅ローンが通らない原因

住宅ローンが通らない原因はいくつか考えられ、これを理解しておくことが審査の通過には大切です。
住宅ローンが通らない、審査で承認を得られない要因は4つほどあると考えることができます。

 

もう少し詳しく言うと、年齢、健康状態、債務状況、返済額の割合が関係してきます。
年齢は、これは住宅ローンの申込年齢を意味するのではなく、払い終える年齢のことで、一般的には70歳から80歳となっています。
住宅ローンの借り入れ年数だけでなく現在の年齢を考えて、審査に通るか通らないかはわかるでしょう。

 

債務状況というのは、住宅ローンのほかの契約がどれぐらい確認できるかがチェックされます。
キャッシングやカードローンといったサービスの利用で返済が遅れるといった事故の記録があれば、審査が通らないケースもあります。
どんな種類の借り入れだとしても、毎月の返済についてはきちんと払っているということが必要です。

 

健康状態に関しては、返済が長期に及ぶ住宅ローンを堅実に返済していける健康な身体なのかどうかが調べられます。
住宅ローンの借り入れと一緒に加入する団体信用生命保険に加入できないと、審査に通らないかもしれません。

 

住宅ローンの審査で最も大切なのは、支払う金額のパーセンテージが大きくならないことです。
自己資金があまりないと審査が通らないケースが多いのは、過度に返済負担率が高まってしまうからです。
返済負担率は、年間の住宅ローン返済額を年間の収入で割って、そこに100を掛けて割り出すことができます。

 

住宅ローンの審査が通らないことが考えられるのは、返済負担率が30%を超えてしまったケースでしょう。
これは、住宅ローン以外の借り入れについても一緒にされますので、基準としては厳しいでしょう。
住宅ローンの審査としての基準は、その金融機関ごとに違いますから、実際に申し込みをする前に確認することが大切です。

ホーム RSS購読 サイトマップ