年齢の審査基準

年齢の審査基準

年齢の審査基準

住宅ローンの申し込みにあたって、年齢を考えるのは大切です。
年齢とは、申し込みに臨むタイミングでの本人の年齢とローンを全部支払い終えるタイミングでの年齢が審査基準になります。

 

住宅ローン審査が通らない例としては、申し込みのタイミングで20歳に達していなかったり、支払いを全て済ませた際の年齢が80歳を上回るときです。
20歳に満たないと、社会的な信頼性が低いと判断されて審査に通りません。
また完済の時点で高齢になっていると、返済能力に疑問があるという判断になります。
支払いを全て終える年齢が高過ぎるときには、金額や融資期間の調整をすることによって状況を打開できる可能性もあります。

 

年齢制限については、金融機関によって基準に幅があります。
大抵は完済する時点で70歳から80歳という基準であることになっていますが、実際には75歳を上回ると通らないことが少なくありません。
住宅ローンの完済時年齢が80歳まで大丈夫であっても、叶うことなら定年退職の年齢で完全に返済を済ませたいものです。

 

それから、住宅ローンを借り入れできるのは、20歳になっていて70歳頃まで可能とされます。
ただ、借り入れの段階で年齢が高いほど完済期間が短くなるため、返済するのに苦労するかもしれません。
完済のときの年齢で残念ながら住宅ローン審査が通らないからと諦めるのは早く、別の方法があります。
親子リレーと呼ばれる借り入れ方法があり、この名前が示す通り親子で支払いを続けていくというシステムです。

 

親子リレーであれば、年齢がネックで審査が通らない人でも、住宅ローンの契約を交わすことができたりします。
申込者の子どもや親族に条件を満たせる人がいるとすれば、本人の年齢制限は解決することができます。
どれか一つの条件・基準のクリアが叶わなくても、適切な対策をとることによりどうにかなる場合がありますので、有利な方法を模索してみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ